« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の4件の記事

2010年9月17日 (金)

朝日新聞2010年9月17日 「転機の原子力−揺らぐコスト 負担先行−」

朝日新聞2010年9月17日
◆「転機の原子力」揺らぐコスト 負担先行

国の原子力政策の基本方針「原子力政策大綱」(2005年策定)を見直すかどうかを判断するため、原子力委員会(近藤駿介委員長)が21日まで意見を募っている。
焦点の一つが、燃料を再処理して再び使う核燃料サイクル政策。要の再処理工場は操業が繰り返し延期されるなど、難航している。議論の前提や国民の負担は5年前とどう変わっているのか。

以下、https://aspara.asahi.com/blog/science/entry/IOYnbbEi7z
をご覧ください。

・記者が注目したのは、原子力委員会が招聘した大島堅一氏(『再生可能エネルギーの政治経済学』の著者 立命館大学教授)の“原子力のコストは安くない”という指摘です。

大島教授が原子力委員会で説明した資料はこちらにあります。
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2010/siryo48/siryo1-1.pdf
とてもわかりやすい資料です。

これらも参考に、原子力政策大綱に策定について、意見を出しましょう。

・原子力委員会の意見募集はこちら
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/senmon/seisaku/bosyu/100727/bosyu100727.htm

・原子力資料情報室にも提出した意見が掲載されています。
http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=941

| コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

緊急報告 中国電力が深夜の埋め立て工事強行の中止を宣言しました

(転送歓迎です)
祝島島民の会より 緊急報告2 
中国電力が深夜の埋め立て工事強行の中止を宣言しました  
9月9日夜間から本日未明にかけ、中国電力は埋め立て工事を再開するために周防大島から上関町の白浜沖まで複数の作業台船を曳いてきましたが、夜間の危険な作業に対する祝島の漁船の直接、あるいは田ノ浦で船を並べての抗議もあり、午前1時過ぎに本日の作業中止を宣言しました  
数々の不祥事や住民の理解を得ないまま工事を強行しようとするなどの中国電力自身の責任で、埋め立て工事は本来の期間である3年のうちすでに約1年もの間、具体的な作業は進んでいません  
だからといって安全を無視した作業の強行は決して許されることではありません
今回の中国電力の埋め立て工事の深夜の強行は、明らかに危険な行為であり、安全の確保や地元住民の意思を無視した暴挙です中国電力のこの暴挙になにかしらの思いを抱かれた方は、あらためて下記連絡先にご自身の考えをお伝えください またblogやメーリングリストへの転載、リンク、マスコミや国会議員など、広い範囲への呼びかけもぜひお願いいたします
中国電力
TEL 082- 241-0211
FAX 082- 523-6185
メールフォーム https://cc-www.energia.co.jp/faq/1024/app/servlet/ext_inquiry_a?linkid=904&linkstr=%8C%B4%8E%71%97%CD%8F%EE%95%F1

中国電力 上関原発準備事務所
TEL 0820- 62-1111

山口県知事への提言
TEL 083- 933-2570
FAX 083- 933-2599
メールフォーム https://cgi01.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/chiji-teigen/3teigen.htm

祝島島民の会 http://blog.shimabito.net/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

【転載】上関から緊急の知らせ

上関現地、虹のカヤック隊からの緊急メールです。
転送・転載、歓迎との事です。

***********************************

【緊急】【転載歓迎】
山口県 上関原発問題『いま上関の海が危ない!』

中国電力が明日9(木)に台船を動かそうとしているという情報が入りました!

明日は、中電が祝島島民やシーカヤッカーら4名に対して起こした4800万円の損害賠償請求の裁判があり、島からも多くの人が傍聴に行く予定でした。

埋め立て予定地が手薄になるのを狙って作業をしようとしていると思われます。

昨年9月から始まった埋め立てに対する抗議行動は今現在も続いており、島民や支援者による座り込みは毎日行われています。

昨年10月には台風の最中、作業中止を宣言しながら、裏で台船を動かし作業をしたり、日の出前の暗いうちに、ほぼ無灯火で作業を行うこともありました。

このように、祝島島民の意見を全く聞かないで、強引に進めようとする中国電力のやり方にこそ問題があると思います。

この現状を多くの人に伝え、皆さんの声で今回の作業をやめさせてほしいと思っています。

口コミ、ブログやツイッターなど市民メディアで伝えてください!

現地・田ノ浦に来れる人も大歓迎です。

ご協力よろしくお願いします!


「抗議の声を届けてください↓」
中国電力
上関原子力発電所準備事務所
0820-62-1111

中国電力
広島本社 広報部
082-523-6184

転載以上です。

追記:9月9日21時現在、作業台船の新たな動きはないようです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

再処理工場の完成1年半~2年延期か / 続・原子力政策大綱の見直しについて(原子力資料情報室より)

『デーリー東北』の記事です。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2010/09/01/new10090108top.htm

再処理工場の完成 1年半~2年延期か(2010/09/01)
 
ガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)製造試験が難航している六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場について、日本原燃が10月としていた工場完 成(試運転終了)時期を1年半から2年程度、延期する方向で調整していることが31日、複数の関係者への取材で分かった。
大幅な延期は経営に影響 を与えるため、出資者の9電力会社に支援を求める可能性がある。
国との協議も踏まえた上で、9月中旬ごろまでに最終的なスケジュールを決定するもようだ。
 
 同工場の試運転は、現行スケジュールより約8カ月遅れている。固化体を製造するガラス溶融炉の安定運転に万全を期すため、工程に余裕を持たせた 延期になるとみられる。
 試運転の最終段階となる固化体製造試験は、溶融炉内からガラス溶液を抜き出す作業の不調や炉内の耐火レンガが欠落するトラブルで、2008年12月から長期中断している。
 今年6月に耐火レンガを回収し、炉の健全性を確認した原燃は、これまで使用してきた溶融炉(A系統)とは別の溶融炉(B系統)で試験を再開する 方針を決め、7月に国へ運転改善報告書を提出した。
ただ、報告書に関する国の審議が終わっていないなど、現段階で試験再開のめどは立っていない。
 試験再開後も、炉底に白金族などの金属の堆積(たいせき)を防ぐため、慎重な作業手順を踏んだ上で、B系統の安定運転を確認する計画。
その後に A系統の安定運転を確認することから、相当の時間を要するとみられている。
 原燃の川井吉彦社長は7月の定例会見で、工程見直しに言及し、「慎重に試運転の進め方を検討していく」と試運転期間の長期化を示唆していた。
 完成時期は国から事業指定を受けた1992年以降、これまでに14度延期されている。
試運転を開始した06年3月末当時は、07年8月完成予定 だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原子力資料情報室より

みなさま
現在、原子力委員会は原子力政策大綱(2005年10月)の見直しの必要性について検討を進めています
http:// http://www.aec.go.jp/jicst/NC/tyoki/tyoki_minaoshi.htm
委員会の場で意見を聴いたり、ご意見を聴く会を福井(9月4日)、青森(同11日)、東京(同18日)などで開催する予定です。また、一般からの意見募集も行なっています(9月21日締め切り)。

 私たちは『破綻したプルトニウム利用-政策転換への提言』(2010年7月、原子力資料情報室/原水禁編著、緑風出版)を著し、その中で原子力政策大綱の見直しを強く訴えています。

 原子力委員会での意見聴取では、見直しの必要なし、部分見直しといった意見も出されています。
しかし、大綱以降の5年間を見ると、中越沖地震で柏崎刈羽原発が大きなダメージを受け原発の耐震安全性に大きな疑問が出てきたこと、六ヶ所再処理工場のトラブル、もんじゅでの最近のトラブルなど核燃料サイクル政策が頓挫していること、また、温暖化防止を口実とした原子力発電の新増設の強行や設備利用率向上などなど、軽視できない多くの変化が生じており、今こそ原子力政策大綱の見直しによる政策転換が必要だと考えます。

 そこで多くの皆さんに原子力委員会の意見募集に応募し、あるいは各会場で発言し、大綱の見直しを求めてくださるよう、ここに呼びかけさせていただきます。

 参考として、当原子力資料情報室の原子力委員会での発言要旨をご覧ください。
 (http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2010/siryo40/siryo2.pdf

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »