« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の7件の記事

2010年10月27日 (水)

【緊急・転送・転載大歓迎 Earth first! Happy link】

【緊急・転送・転載大歓迎】
明日、名古屋のcop10本会場、国際会議場を輪になって囲んじゃいます!


出来るだけ多くの方々・特にマスコミに伝えてください。
***********
Earth first!
地球を優先!
Happy link
***********

森のことや海のこと。この星の未来にとっての大事な条約が、COP10最後の3日間でいよいよ決められます。自然を守りたい、でも会期中も毎日森や海が壊されていく。
会議の中でのあらゆる選択が、目先の利益でなく、地球を優先するものになるように、会議場を人の輪で囲んで応援のエネルギーを送ろう。
会議場の中で頑張っている人へ、批判でなく愛を持って集まって下さい!

10月28日(木)
11:30から
名古屋白鳥国際会議場周り
*会議場南側正面のフェンスに沿って、11時半に手を繋いで輪を作り始めます。到着し次第、輪に加わってください。

*くれぐれも通行人の邪魔にならないよう、特に障害者用の黄色ラインをふさがないようご配慮下さい。
車両入口や必要な箇所はチェーンを途切れさせてOK。心で繋がりましょう。

*ファア内で騒いだり広報行為は禁止されています。
*動物の仮装や派手な服装など色々集まります。ぜひあなたの想いを身にまとって来てください。ひとつの輪で会えるのを楽しみにしています。

呼びかけ人
坂田昌子(虔十の会)090-5308-2197
広田奈津子070-5448-4584山田俊尚・松宮麻衣子(7generation walk)
おむすび村・けんごまん・のろゆり

皆さんの報道関係の知り合い(国内外問わず。特に共同通信・ロイターなど)か下記のマスコミ各社に対し、電話でお願いするか、FAXやメールならば「COP10の取材斑」御中と書いて取材をしてもらうようにお願いをしてください!(優しく丁寧に。)
いかに多くプッシュし取り上げてもらえるかが止めるための大きな鍵となります。
以下にマスコミリストを載せるので皆様、よろしくお願いします。

東京

Reuter
FAX: 03-3432-7472

共同通信社科学部
:Tel: 03-5573-8151 Fax: 03-5573-8152

時事通信
:Tel: 03-3595-0647 Fax: 03-3595-0636
名古屋

中日新聞本社
052-201-8811代

中日新聞社会部
f

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

ヘラルドトリビューン紙に意見広告が掲載

http://ameblo.jp/nonukekaminoseki/

ヘラルドトリビューン紙に、英語の意見広告が掲載されました。


Newspaperkaminoseki


| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

【転載】国際共同声明団体参加緊急募集!

以下、Hiroshima-Kaminoseki Link公式ブログより転載します。
http://ameblo.jp/nonukekaminoseki/


田ノ浦現地では緊迫した状況が今、現在も続いています。(10月17日正午)
みなさま、ご支援とご協力をよろしくお願いします。

http://ameblo.jp/nijinokayaker

国際共同声明団体参加緊急募集!

COP10に来日している海外メディアに向けての国際記者会見が現実化します。
現在、広島・上関リンクの主張に賛同した国際共同声明を集めており、世界の46団体が賛同してくれています。この共同声明を世界中に向けて発信します。

記者会見は19日、時間は調整中。

名古屋のCOP10会場で、
No nukes Asia Forum Japanの佐藤大介さん、
水俣問題から今日まで日本の環境問題を世界に発信しつづけてきたアイリーン・スミスさん、
そして広島・上関リンクの呼びかけ発起人である私、湯浅正恵で行ないます。
(さらに増えるかもしれません)

できるだけ日本団体、ヨーロッパの団体も集めたいとおもいます。
みなさまも、一つでも団体名をふやすようにご協力お願いします。
賛同申し込みの際は英語表記の団体名もお知らせ下さい。

申込先 mailto:nonukekaminoseki@yahoo.co.jp  までお願いします。

締め切りは18日午前中とします。

どうぞよろしくお願いします。


以下、声明内容(日本語訳)と現在の賛同団体です。

呼びかけ発起人 湯浅正恵

<日本語訳>
生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)参加者に向けての
広島・上関リンクと連帯する国際共同声明

広島の近くに建てられようとしている原子力発電所が、生物多様性を深刻な危機に陥れています。
日本で開催されるCOP10で重要協議事項として取り上げてください。

広島に本社を置く中国電力株式会社が、瀬戸内海国立公園の生物多様性のホットスポットである上関に原子力発電所を建設しようとしています。
この計画は次のことにより、生命にとってかけがえのない環境を取り返しのつかないほど破壊する可能性があります。

・ 海上の埋め立て
・ 海水温上昇
・ 壊滅的地震災害のリスク(予定地における多くの活断層の存在)

私たちは放射能汚染や低線量放射能による内部被曝についても憂慮しています。
私たちはCOP10参加者に、この上関原子力発電所を今回の会議の論点とすると同時に、
日本政府が真剣に生物多様性保全への政策を実施するよう強く働きかけることを要請します。


現在の賛同団体
●France 
Reseau "Sortir du nucleaire"  脱原発ネットワーク

●Australia
Australian Greens  オーストラリア緑の党

●India
People's Movement Against Nuclear Energy (PMANE) インド反原発民衆運動
National Alliance of Anti-nuclear Movements (NAAM)  インド反核運動全国連合

●Korea
Energy Justice Actions  韓国エネルギー正義行動
Korea Federation for Environmental Movements   韓国環境運動連合
Buan People's Power Plant for Renewable Energy  プアン市民発電所
Green Korea United  韓国緑色連合
No base stories of Korea  ノー・ベース・ストーリー

●Japan
Citizens' Nuclear Information Center  原子力資料情報室
No Nukes Asia Forum Japan  ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン
太陽光・風力発電トラスト
Coalition of Niigata for Green and No MOX fuelみどりと反プルサーマル新潟県連絡会
アースデイ宮崎
ヘリ基地いらない二見以北十区の会
Association to Protect Northenmost Dugong  北限のジュゴンを見守る会
沖縄リーフチェック研究会
No Nukes Plaza  たんぽぽ舎
earth child news  地球の子ども新聞
9LOVE
7Generations walk
PEACE LAND
Rokkashokaigi in Ueda  六ケ所会議inうえだ
Transition Hayama  トランジション葉山
Green Action  グリーン・アクション
Osaka Citizens against the Mihama, Oi and Takahama Nuclear Power Plants
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会
Peace Candle@Kamakura  ピースキャンドル@かまくら
Wetland Forum  ウエットランドフォーラム
Agenda Project  アジェンダ・プロジェクト
TransitionTown osaka  トランジションタウン大阪
Non-Electric joyful club  非電化わくわくくらぶ
motter's group weaving a better future  未来をつむぐ母の会
Greenpeace Japan  国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

●Philippines
Kilusan para sa Pambansang Demokrasya (KPD)  フィリピン民族民主運動
Nuclear-Free Bataan Movement-Network (NFBM-Net) 非核バターン運動ネットワーク

●Taiwan
Taiwan Environmental Protection Union  台湾環境保護連盟
Green Citizen's Action Alliance   台湾緑色公民行動連盟

●Thailand
Alternative Energy Project for Sustainability  持続可能エネルギー・プロジェクト

●USA
Nuclear Information and Resource Service  原子力情報資料サービス
Pacific Environment  太平洋環境
Nukewatch  ニュークウォッチ
Nuclear Age Peace Foundation  ニュークリア・エイジ・ピース・ファンデーション
Physicians for Social Responsibility  社会的責任のための医師たち

●Pakistan
Citizens' alliance in reforms for equitable and efficient development(creed)
公平で効率的な開発のための改革市民連合

●Indonesia
MANUSIA (Indonesian Antinuclear Society)  インドネシア反核市民連合
Sarekat Hijau Indonesia (SHI-Indonesian Green Union)  インドネシア緑色連合

●Russia
Ecodefense  エコディフェンス


本文
International Joint Statement to the Delegates for the COP 10 in solidarity with Hiroshima-Kaminoseki Link

BIODIVERSITY is Endangered by a Proposed Nuclear Plant Near Hiroshima.Please put it high on the agenda at the COP10 in Japan.

The Chugoku Electric Power Company, based in Hiroshima, is trying toconstruct a nuclear plant at Kaminoseki in the Seto Inland Sea NationalPark, a BIODIVERSITY HOTSPOT.

This project can irrevocably damage the pristine environment for life by
: replacing sea water with LANDFILL
: RAISING sea water TEMPERATURE
: risking devastating EARTHQUAKES (concentrated active faults around the site)

We are also concerned about radioactive contamination and internal
RADIATION exposure from low dose radiation release.
We urge you to make Kaminoseki an issue in the conference, and put pressure
on the Japanese government to take serious measures for protecting the
biodiversity.

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

転載します〜上関15日の動き

転載します〜上関15日の動き
【転送大歓迎】

十五日の現地レポートです。

海上の方は三隻の台船が田ノ浦を目指して来ました。

朝、祝島の前にいた一隻の台船(定開式押航土運搬船)は昼前頃、抗議する祝島の漁船を押し通し、排水口側の作業区域内に入りました。


今もその台船は排水口の作業区域内に停泊中です。

残り2隻は漁船からの抗議により四代近辺と柳井相浦で現在停泊しています。

田ノ浦の作業は、中国電力と下請け合わせて30人くらいがやってきました。
それとは別に中電を乗せた船2隻が海から一定時間ごとにアナウンス、陸は町道に約10人やってきて、『妨害をしないでください』などと言い、30分ほどしたら帰っていくの繰り返しでした。

陸の敷地内では、ユンボが土を掘ったり、クレーンを使って作業を続けていました。

昨日は風も波も強かったです。

そして、今日も中国電力は来ることを公表しているようです。


以上のように中国電力は名古屋で192カ国が集まるCOP10(生物多様性世界会議)http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/25499/27110/64673555が始まるこの時期に、絶滅危惧種なども数多く生息する生物多様性の宝庫を、埋め立ててしまおうという作業を強行しようとしています。

こうして今、田ノ浦で行われていることを広めようと様々なやり方で動いてくださっているみなさんありがとうございます。

それぞれにできるやり方でこの事実を知ってもらいましょう。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

転載します〜9時30分現在現地レポート 【転送・転載歓迎】

転載します〜9時30分現在現地レポート 【転送・転載歓迎】
上関田ノ浦からのメッセージを転載します

みなさんお願いです!力を貸してください!本当に今、田ノ浦がピンチです。

今、生物多様性のホットスポットが壊されようとしています。

特に名古屋にいるCOP10関係者の皆様昨日と今日のメールを世界各国に広めてください。

よろしくお願いします

【転送・転載歓迎】
田ノ浦レポート「台船が来ています」(午前9時半現在)

田ノ浦の埋め立て工事のための台船が今確認できる範囲で3台、田ノ浦周辺にきています。

祝島から漁船が約20隻出て台船の周りで抗議をしています。

大型の地盤改良船(海底を固める台船。周防大島の小松港発)が柳井の沖に、

ガットバージ船(と思われる、砂を落とす台船)が田ノ浦と祝島間に、

四代の沖にクレーン台船がいます。

地元住民や全国の多くの声を無視して埋め立てを強引に進めないようみなさんの声を届けてください!
よろしくお願い致します!


中国電力

TEL 082-241-0211

FAX 082-523-6185


中国電力 上関原発準備事務所

0820-62-1111


山口県知事への提言
TEL 083- 933-2570
FAX 083- 933-2599
メールフォーム
https://cgi01.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/chiji-teigen/3teigen.htm

| コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

転載します〜【緊急】【転載歓迎】今、田ノ浦が危ない!

以下、転載です。

【緊急】【転送歓迎】「上関原発」現地・田ノ浦より緊急レポートです。

明日15日、中国電力が田ノ浦の海岸部において大規模な作業を行う可能性が高いという情報が入りました。

中国電力は今後、海岸部の入口にフェンスを張って入れないようにする計画をしています。
そうなれば、みんなが自由に海で泳いだり、自然観察をすることもできなくなってしまいます。

海岸部の工事に加え、海の埋め立て工事も同時に始める可能性があります。

地元住民や全国の100万人に届く程の声(反対署名)を無視して強引に作業を進めようとしています。

そこで、みなさんにお願いがあります!

現地に来られる人は(食料や水持参で)応援に来てください!

電話やメールでご協力いただける方は、中国電力はもちろん山口県にも、作業を止めるよう促してください!

周りの方やマスコミや政治家にも情報をつなげ、現地に力添えください。

よろしくお願い致します。

中国電力

TEL 082-241-0211
FAX 082-523-6185

中国電力 上関原発準備事務所
0820-62-1111

山口県知事への提言
TEL 083-933-2570
FAX 083-933-2599
メールフォーム
https://cgi01.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/chiji-teigen/3teigen.htm

昨日、中国電力は汚水を田ノ浦に流しましたが、その説明もなされていません↓
http://www.youtube.com/watch?v=t4x4PUjaHTc

先月9月9日には周囲に告知することなく夜間に作業台船を動かしました↓
http://www.youtube.com/watch?v=AEhZK0UF9G4

昨年11月には、クレーン台船が、祝島の漁船やシーカヤックがいる中でコンクリートを落とす作業を強行。結果、負傷者を出す事態になりました↓
http://www.youtube.com/watch?v=LcTr27HfZM8

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

【ACT】英字新聞に上関原発計画についての意見広告を ― Hiroshima-Kaminoseki Link ―  

************************************
ブログやメーリングリストなどで発信歓迎です。

      上関原発計画についての意見広告のためのカンパのお願い
                        
 Hiroshima-Kaminoseki Link 
                         呼びかけ発起人 湯浅正恵
     
 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が、今月18日から29日まで名古屋で開催されます。それにあわせて上関原発計画についての意見広告を、英字新聞に出そうと考えています。海外からのメディアとNGO、そして政府代表団を対象に、生物多様性のホット・スポットを埋め立てる上関原発計画を告知し、生物多様性保全とは相容れない上関原発建設を日本政府が再考するよう強く促すことを目的としています。たとえ国民の声に耳を傾けない政府であっても、国際会議での交渉過程への影響を考慮すれば、海外参加者からの視線や声を無視することはできないでしょう。また会期中に具体的な効果が現れないとしても、日本政府の特殊な原子力政策について、広く世界に注意を喚起するよい機会と考えます。
広告は、原発建設予定地である田ノ浦の美しい海を中央に配置し、簡明なキャッチフレーズ「A Nuclear Plant Near Hiroshima?」を掲げ、その建設予定地が生物多様性のホット・スポットであることを記載します。詳細情報のために、会期中に設置される日本生態学会のブース案内と、インターネット上のサイトアドレスを入れておきます。意見広告掲載予定日は会期のできるだけ早い時期にと交渉中です。掲載サイズは紙面半分(モノクロ)を考えていますが、カンパ目標額である120万円を集めることができなければ小さくなります。皆様からの呼びかけとご支援次第で、新聞記事の大きさとインパクトが決まります。
一口1000円で一口以上のカンパを郵便口座に振込みください。また、ひとりでも多くの方にお伝えください。私たちの力で、日本政府へ、そして世界へ、祝島のそして私たちの声を届けようではありませんか。

【振込先】
ゆうちょ銀行 口座【記号】15120【 番号】9928461
【なまえ】ヒロシマ-カミノセキ リンク

他金融機関からの振り込みの場合は、
【店名】五一八(ゴイチハチ)【店番】518 【預金種目】普通預金 
【口座番号】0992846

* COP10開催日18日を目標に17日までに、できるだけ多くのカンパをお願いします。

お問い合わせ: nonukekaminoseki@yahoo.co.jp
呼びかけ人

青木克明 (広島の医師)
青原さとし(ドキュメンタリー映像作家)
赤司暸雄 (10フィート映画を上映する下関市民の会代表)
安藤志保(主婦)
石井千穂 (広島市在住)
石岡敬三(グローイングピース)
石原 恵 (marru)
磯崎 直美(marru)
伊藤亜希子(solar gallery cafe shop LOTUSROOTSスタッフ)
今井ひとみ(学生)
今堀洋子 (追手門学院大学 教員)
上坂胡桃(東京・生活者ネットワーク)
上里恵子 (上関原発計画の根っこを見る会)
浮田祥子(社会活動家、宮崎在住)
浦田沙緒音(発信する子どもたち・代表)
浦田千恵(発信する子どもたち・世話人)
遠藤章人 (上関原発を考える広島20代の会)
遠藤京子 (満月農園)
大城研司(下関・東チモールの会)
大槻オサム (Tremolo Angelos/ 単独旅行者)
大月純子(わたしたちの性と生を語る会・広島)
大谷正穂(下関市)
岡田和樹(ハチの干潟調査隊)
岡本珠代(岡本非暴力平和研究所)
岡本法治 (海と風と光の会)
岡本三夫(広島修道大学名誉教授)
沖横田秀雄(元保育士)
奥平真平・里沙・笑葉(百姓 ライオンバーガー屋LOLO)
尾澤良平(もうひとつの社会がなきゃこの先希望がない若者同盟 共同代表)
小野綾子 (広島在住)
小野島照子さん(世界平和記念聖堂)
嘉指信雄(NO DU ヒロシマ・プロジェクト代表)
加藤涼子 (Sally's Celebration )
金田芳人(上関原発建設予定地・田ノ浦住人)
鎌仲ひとみ(映像作家)
河本文江(原発いらん!山口ネットワーク)
亀井英生(らぶ・あーすネット広島)
北川あゆみ(佐賀在住)
木村恵(原発いらん!山口ネットワーク)
草地大作 (日本基督教団西中国教区宣教委員会社会部委員長)
國本悦郎 (半農半X実践家)
国分ひさ子(環・太田川)
小中進(「上関原発」建設計画に反対する2市4町議会議員連盟会長)
ゴトウイズミ(ヲルガン座主催/ミュージシャン)
西塔文子(プルトニウム・アクション・ヒロシマ)
坂田昌子 (虔十の会)
佐々木孝(第九条の会ヒロシマ)
佐藤宏(econamazu)
柴田もゆる (日本基督教団西中国教区総会議長)
清水敏保 (上関町町議会議員)
白幡恵美 (団体職員)
惣光潤子(上関原発止めよう!広島ネットワーク)
高橋伸明(ミュージシャン)
武重登美子 (原発はいらん!山口ネットワーク)
田島亜矢子(広島市在住)
田辺公子 (祝島を未来に紡ぐ会)
竹本和友 (ピースサイクル広島ネットワーク)
谷瀬未紀(制作者/北九州在住)
谷本仰 (ヴァイオリン弾き/牧師)
月下美孝 (日本基督教団西中国教区核問題特別委員会委員長)
寺尾敏幸 (エコでピースな市民のひろば)
照屋里美(東京在住・薬剤師)
東条雅之 (ジャーナリスト)
利元克巳(ヒロシマ革新懇)
冨田貴史(わたしにつながるいのちのために)
中野信吾(morningdew farm)
中野真衣子(morningdew farm)
中村みや子 (原発いらん!山口ネットワーク)
那須圭子(原発いらん!山口ネットワーク)
成田小二郎 (カトリック大宮教会)
難波郁江(広島YWCA)
難波幸矢 (日本基督教団東社会委員会委員長)
ニシオカマユミ(翻訳者)
西岡由紀夫 (ピースリンク広島・呉・岩国)
新田秀樹 (ピースリンク広島・呉・岩国)
西本益代 (広島市在住)
新田秀樹 (ピースリンク広島・呉・岩国)
沼田鈴子(被爆者)
橋本久男(祝島漁師)
纐纈あや(映像作家)
林尚志(神父 下関労働教育センター)
林美沙登(愛知県瀬戸市在住)
原康司(シーカヤッカー)
原田芳郎 (「東京原発」山口県上映実行委員会 代表
原戸祥次郎(森と水と土を考える会)
肥塚侾司(カトリック正義と平和広島協議会)
平野彰 (介護職)
福富章夫 (映画「東京原発」山口県内上映会推進会員)
藤井純子(第九条の会ヒロシマ)
藤本明美 (原発いらん!山口ネットワーク)
牧山員子(カトリック正義と平和広島協議会)
増田千代子(ボイス・オブ・ヒロシマ)
三浦翠(原発いらん!山口ネットワーク)
溝口徹 (横川シネマ)
三末篤實(カトリック広島司教)
宮﨑達雄 (日本基督教団東中国教区総会議長)
村上みのり・君子(玄米と旬の野菜 MOMONGA)
森瀧春子 (核兵器廃絶をめざすヒロシマの会)
山口晴康 (SLOW Turtle)
山戸明子(祝島出身)
山本紀久代(カトリック援助修道会)
山本喜介 (ジャーナリスト)
山本裕美 (上関原発を考える山口若衆の会 共同代表)
山本由紀子(天然酵母パンはな)
湯浅正恵 (広島市在住)
Yoshie Ebihara (シンガー・ソングライター)
吉岡すみれ(未来につながる生命(いのち)を育てる会)
吉田由美子 (生活クラブ生活協同組合・東京理事長)
吉原弘貴 (会社員)
吉村健次 (美しい錦川を未来へ手渡す会
らん☆ぼう(山口在住)
れいこう堂 信恵(尾道れいこう堂)
脇山都 (広島在住)
渡辺朝香 (「世界の命=広島の心」を歌おうよの会)
渡部朋子(ANT-Hiroshima)
渡田正弘(グローバリゼーションを問う広島ネットワーク)

  

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »