« 5月8日(日)13:00~ 脱!原発サウンドデモin福岡 | トップページ | RadioActiveウェブサイトをリニューアルします »

2011年5月 5日 (木)

5月26日(木) 第109回JISSスウェーデン研究講座「スウェーデンの原子力政策 - 福島第1の影響」と映画「100,000年後の安全」上映

5月26日(木)

第109回JISSスウェーデン研究講座「スウェーデンの原子力政策 - 福島第1の影響」と映画「100,000年後の安全」上映

スウェーデンは電力の約半分を原子力に依存する原発大国です。今回の福島第一の事故がスウェーデンの原子力政策に影響をあたえているのがどうか、ノレーンスウェーデン大使及び原子力の専門家、カールソンスウェーデン大使館科学技術参事官から、スウェーデン政府の方針を伺い、合わせて、スウェーデン原子力産業界の取組み方を、スタズビック・ジャパンの山崎社長からご紹介いただきます。スタッズビックは元スウェーデン国立原子力研究所で、スウェーデンの原子力研究及び産業の中心機関で、日本の原発に原子炉操作のシュミレータを納入しています。

今回は特にアップリンク社のご好意により、今話題のフィンランド映画「100,000万年後の安全」を上映します。これは、フィンランドで建設中の、高レベル放射性廃棄物の地下貯蔵の様子を映したドキュメンタリー映画で、その詩的な映像と人類の生存を洞察した内容には、見終わったあとしばらく言葉がでません。

お申込みは
sweden@tkm.att.ne.jp にお願い致します。

時間:午後5時(4時半開場)- 午後8時半
場所:スウェーデン大使館オーディトリウム

プログラム
5:00-5:40 「スウェーデンの原子力政策:福島第1後に変化はあるのか」
ステファン・ノレーン スウェーデン大使、及び、アンダース・カールソン スウェーデン大使館科学技術参事官

5:40-6:00 質疑応答

6:05-7:20 映画上映「100,000年後の安全」アップリンク提供

7:25-8:00 「福島事故が呼びかけるもの-スウェーデンからの視点」 スタッズビック・ジャパン 
社長 山崎 俊雄氏

8:00-8:30 質疑応答

会費:スウェーデン社会研究所会員、スウェーデン語講座受講生は無料、非会員1000円、学生500円(当日受付にて)
申込:sweden@tkm.att.ne.jp
電話:03-5661-6035
ファクス:03-3655-1596
主催:(社)スウェーデン社会研究所
http://www.sweden-jiss.com/
転送自由です。
-----------------------------------------------------------------
これからも持続可能なスウェーデン協会の活動や持続可能な発展に向けたスウェーデンの取組みに関する情報をご希望の場合、メールニュースへの登録をお勧めします。
http://groups.yahoo.co.jp/group/SustainableSweden/-----------------------------------------------------------------
Twitter
http://twitter.com/lenaglobal
http://twitter.com/lenajapan (英文)
-----------------------------------------------------------------


« 5月8日(日)13:00~ 脱!原発サウンドデモin福岡 | トップページ | RadioActiveウェブサイトをリニューアルします »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5月8日(日)13:00~ 脱!原発サウンドデモin福岡 | トップページ | RadioActiveウェブサイトをリニューアルします »